ロンドンに来て1年経った結果www

 

 

 

 

こんにちは、ロンドンのtsuru+LIMで美容師をしている矢崎です。

 

 

 

12月もすでに半ばを過ぎ、一気に年末感を感じています。

 

 

 

ロンドンも、クリスマスイルミネーションやパーティだらけで賑わっております。

 

img_3960

 

 

 

さて、矢崎がロンドンに住み始めて1年経ちました。

 

 

 

 

時間の流れが速すぎて、逆精神と時の部屋状態ですが、毎日充実した日々を送っています。

 

 

 

ロンドンに来る前と今とでは自分の中での変化をかなり感じています。

 

 

 

 

1年前の航空券手配ミスで予定日にロンドンに飛べず、成田空港でカツ丼だけ食べて帰った頃から比べると、だいぶ成長しました笑

 

 

 

ロンドンに1年住んで出来るようになったこと。

 

 

日常会話の英語についていけるようになった

 

 

 

実際僕がロンドンに来た頃は、本当に英語が話せませんでした。聞き取ることすら出来ないし、まして自分の気持ちや考えを述べることなんて全く出来ませんでした。

 

 

ですが、少しづつ、友達ができて遊びに行ったり、仕事で英語を使っていく中で、英語を使うことへの羞恥心やビビることがなくなっていきました。

 

 

 

1年で日常会話レベルの英語はいいのか悪いのかわかりませんが、今後さらに友達を増やしてたくさん英語を覚えたいです。

 

 

逆に日常会話ではなく、銀行やビジネス関係の電話、対応などはまだまだ聞き取れないですし、めっちゃ声低いおじさんとか訛りの強い人たちの英語もさっぱりです。

 

 

英語に関しては本当に甘く見てたなと、、、日本いる間にもっとやっておくべきだったと後悔の日々ですが、それを取り戻せる様にやって行きます!

 

 

 

外国人との関わりに臆病にならなくなった

 

 

 

これも英語が大きいんですが、最初は外国人が怖かったです笑

 

 

 

自分から外国に来といてアレなんですが、何を聞かれてるのか、なんて言えばいいのかわからない状態で外国人と関わることにビビって、避けてたりしました笑

 

本当に自分がダサかったし、悔しかった。

 

 

ですが言葉がわかると自然とそういう気持ちもなくなり、逆に外国人のいる飲み会やパーティに行きたいという気持ちになってきました。

 

 

あと、やっぱり自分から話しかけることが大事なので、それも度胸がついた要因だと思います。

 

 

 

カラーの技術が上がった

 

 

今働いているtsuru+LIMでは、毎日と言っていいほどブリーチのお客さんが来てくれてます。

 

 

日本ではブリーチを使ったカラーをする人は稀で、月に5〜10人くらいだったと思います。
それもまた僕の提案、発信不足だったんですが、、、

 

 

 

ただ今はインスタを見て来てくれるお客さんは大体ブリーチをしたくて来てくれるので毎日ブリーチを研究することが出来ています。

 

(インスタみてね☆笑)

 

 

この環境のベースを創って下さったカンタロウさんや、オーナーのタンさん、先輩方には感謝しかありませんし、この環境を僕で潰すわけには行かないのでゴリゴリに仕事します笑

 

 

 

他にも自炊が上手くなったり、好きな服の系統も変わって来たり、めんどくさいだる絡みして来る酔っ払い外人のいなし方が上手くなったり笑

 

 

 

まあ現在までの変化を上げるとキリがないんですが、それだけたくさんの変化があることをブログを書きながら思い出して、成長を実感しています。

 

 

 

 

ほとんどの事が僕の能力ではなく、環境のおかげで今の自分になっている事が本当に幸運ですし、しっかりと恩返しできる自分作りをして行きます。

 

 

 

そして、来年

 

 

 

まだまだ英語も子供レベルですし、勉強はマストです。でももう教科書の勉強はしません笑

友達作りまくります笑

 

 

 

彼女も来年こっちに来る予定ですので一緒にいろんな国を回って感性高めてカルチャーを感じてきたいですし、

 

 

最近キャップヘアも止まってますし、ヨーロピアンのヘアももっとガッツリやりたいし、

 

 

今年はクラブやライブにほとんど行ってないので(音がうるさいと本当に英語聞き取れないので笑)来年はたくさん行きたいですし、

 

 

 

ロンドンのトレンドビジョン(コンテスト)
挑戦したいし、、、、、

 

 

 

やりたい事が山ほどある笑

 

 

 

ので、毎日を無駄に過ごすことのない様にやって行きます。

 

 

もうあと1年しかないプレッシャーを背負って成長します。

 

 

img_3780

 

 

 

ではまた。